キュートで男前なDIY職人に「ママ」から「職人」になったワケを聞いてきた!

デンチュウばなー
ひらつーが運営するコワーキングスペース「ひらば」広報担当のデンチュウ@ひらつーがひらば利用者のみなさんがどんなお仕事をしているのか、どんな風にひらばを使っているのか、インタビュー形式でいろいろとお話を聴いていきます!

第11回目のゲストは・・・
「チエノマ株式会社」の男前ママ職人!

枚方市内でも桜が満開になり、一気に春らしくなりましたね!
洋服だけでなく、お部屋も春らしくアレンジできたら素敵ですよね。
マンション
(こんなに綺麗でオシャレなお部屋憧れる〜!)

今回は、4月からひらばで本格的にスタートした「ひらがく」でDIYの講座を担当していただく「チエノマ株式会社」からYUKIさんとMAIさんにお越しいただきお話を伺っていきます。

DIYのことなら私たちにお任せ下さい!!』
主婦

チエノマ株式会社って?

チエノマ株式会社は、住環境トータル再生業としてお客様・協力業者様・社員・そして家族が皆、笑顔になれる空間を目指して、知恵をたくさん使った中古物件のリノベーション・リフォームなどの企画・プランニング・制作などを一貫して行っている会社。また、物件探しから一緒にやってもらうこともできますよ♪

チエノマ
(チエノマ株式会社公式サイト)

ちなみに、DIYとは、専門業者ではない人が自身で何かを作ったり、修繕したりすること。英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で「自身でやろう」という意味。

チェノマ-82
お二人のインタビューの前にデンチュウ@ひらつーも、DIYに挑戦してきました!
一体何を作ったのか・・・?(レポート記事はコチラ!)

「DIY」って初心者でも大丈夫ですか? 


− それではさっそく「ママ職人」として活躍されているお二人にお話を伺っていきたいと思います!MAIさん、YUKIさんよろしくお願いします!

チェノマ-92
(左:YUKIさん 右:MAIさん
二人揃うとよく「似てるね〜」と言われるそうです。お二人とも笑顔がとっても素敵ですね!
デニムのワンピースはチエノマの制服。可愛い〜

− ではまず今どんな仕事をされているかを含めて、自己紹介をお願いします。
チエノマ職人-52

チエノマ職人-6
MAIさん:「初めまして。チエノマ株式会社でイベントの運営を担当している真井あずさです。(以下:MAIさん)普段は、チエノマのガレージでオーダーを受けた家具を作ったり、DIY体験イベントに向けての材料の調達や準備、当日の運営を担当しています。」

チエノマ職人-28
YUKIさん:「 チエノマ株式会社の長内友紀です。(以下:YUKIさん)MAIさんとふたりで相談しながら一緒にイベントを作っています。当日はイベントがスムーズに進むようにサポートに回ることが多いですね」

− DIY体験ではどんなものを作ることができますか?

MAIさん:「今まではキッチンの上に置く棚や収納スツールなど、比較的大きいものを作るイベントを多く開催してきました。小さいものであればビンに塗料を塗ってリメイクしたり、家で使える収納BOX作りも人気でした!」
鉢植え
(お部屋に飾りたくなる可愛い多肉植物を世界に一つだけのオリジナルビンでアレンジしたり・・・♪)

748e7c1a
(過去には自分の好きな柄を選んで壁紙を張り替える講座も開催されていたそうです!)

YUKIさん:「 今後はひらばでの講座のように、場所をお借りしてイベントを開催することが多くなってくると思います。時間は限られてきますが、1時間半でできるだけたくさんのことを学びながら楽しんでもらえるイベントを作っていけたらと考えています」

− お持ちの資格やスキルがあれば教えて下さい。
チエノマ職人-77
MAIさん:「門真にいた時は自社の大工さんに教えてもらいながら、DIYのスキルを勉強していました。チエノマに入る前から自宅で簡単なDIYをすることはありましたが、本格的な機材や工具に触れたのは会社に入ってからですね。」

− 自分でモノづくりをしてみたいけど、DIYって何だかハードルが高いイメージがあります!初心者でも大丈夫でしょうか?
チェノマ-51
(ひらばでの体験の様子)

MAIさん:「私たちが大切にしているのは、まずは来ていただいた方に『楽しかった』と思ってもらうこと。イベントを通じてDIYの楽しさを知っていただいて、『また次もやってみたいな』と思っていただくことが目標です。

チエノマのDIY体験で初めてドライバーを持った方も、イベントに参加されていくうちに『この間自分で壁紙をはりかえたんですよ〜』と報告してくれたり。初心者でも全然大丈夫ですよ!」

チェノマ-5
(アットホームな雰囲気で丁寧に教えてもらえるので、初めての方も安心♪)

チエノマ職人-68
YUKIさん:「会社に入るまで、私自身DIYは全くの初心者だったんです。だからこそ、イベントに来た人がどんな所に苦手意識を抱きやすいか、どんなところを重点的に質問したいと思うのか・・・。お客様目線に立ったイベント運営をいつも心がけています。」

「ママ」から「チエノマ職人」になったワケ 


− チエノマ株式会社に入られた経緯を教えてください。
リノベ

MAIさん:「 チエノマが門真にあるホームインという会社だったころ、会社の中にママさんたちが集まってイベントができるようなスペースがあって、友達と一緒に自分で作った木工雑貨を販売していたんです。

そんな時『これからDIYの教室をやっていきたいから手伝って欲しい』と声をかけていただきました。それまではずっと主婦だったので、本当に趣味が仕事になったんだなって。』

YUKIさん:「当時ホームインのイベントによく遊びに行っていて、担当の方に偶然Facebookで私が子供に作ったキャラ弁を見ていただいたんです。そこから、キャラ弁を教えるイベントをやってほしいと声をかけていただいたのがきっかけですね。」

− こちらが取材日の朝にYUKIさんが作られたお弁当
チエノマ職人-37
(か、可愛い〜お昼の時間が待ち遠しくなりそうです!)

YUKIさん:「最近作ってなかったのでお見せするのが恥ずかしい!(笑)毎週金曜日が子どものお弁当の日なんです。キャラクターはそっくりに作るのが大変なので最近はオリジナルが多いですね。

ホームインさんのお弁当講習に何度か携わった後、色々なご縁に恵まれてお声をかけていただき現在にいたります」

− 「チエノマ職人」としてのお仕事のやりがいを教えて下さい。
チエノマ職人-76

YUKIさん:「最初の方は、分からないことばかりで周りについて回るので精一杯だったんですけれど、最近になってやっと少し自分の役割や立ち位置が分かってきた気がします。

私たちが担当しているイベント運営は、リノベーションをメインとする会社の業務内容とは異なるのですが、仕事内容や役割が違ってもみんなで同じ方向を目指しているという実感がやりがいに繋がっています」

MAIさん:「後は、私たちのDIY体験を通して『リノベーションもやってる会社なん?』と興味を持っていただけた時もすごく嬉しいですね!」

「家事も仕事も完璧!」でいたいけど・・・


− 就職活動に対する不安、働くってどういうことだろうとイメージできない学生も多いと思います。お二人にとっての「仕事とは!」を教えていただきたいです!
チエノマ職人-70
MAIさん:「やりたい仕事に就くっていうのはなかなか難しいものなんかな〜。よく『趣味は仕事にするものじゃない』って言われてるけど、私は実際そんなことないよって思ってます。

確かに仕事を始めて家でモノづくりをすることは少なくなったけど、今はそれ以上に得るものがあるというか。仕事は仕事と割り切って、プライベートで発散させるっていうのももちろん一つの方法。でも毎日の仕事で満たされれば、きっとプライベートももっと充実するんじゃないかな!」

チエノマ職人-11
(仕事でエネルギーが満たされるとプライベートも笑顔で過ごせる!)

YUKIさん:「実は学生の頃、やりたいことがあってそれを仕事にしたかったけど、できなかったんです。でも今振り返ると、あの時の気持ちや別の道で経験してきたことが全部繋がっているな〜って思うんです。

女性は結婚や出産など人生のターニングポイントがたくさんありますよね。私の場合は、子供にキャラ弁や雑貨作りに挑戦したことが、今の仕事に繋がっていて。本当に何ひとつ無駄じゃなかったんだな、ちゃんと繋がってたんだなって。

もし今やりたい仕事じゃない道を選んだとしても、その瞬間を一生懸命に過ごしていれば、どんな形であっても今後の自分に繋がっていくんじゃないかな」
チエノマ職人-26
(「今はDIYを仕事にしているけど、昔はめっちゃ不器用で裁縫の授業で一番最後に出来上がるタイプだったんですよ!」とYUKIさん。意外すぎます!)

− では、子育ても仕事もがんばる枚方のお母さんにメッセージをお願いします!
チエノマ職人-30
YUKさん:「理解してもらえているようで、まだまだお母さんが仕事をするには厳しい世の中。一緒に暮らす旦那さん、色んな人に頼ったり助けてもらわないことには難しいですよね。

『家のことはできて当たり前』でいたいのに、どうしてもそうはなれないこともたくさんあって。働くお母さんはみんな同じ気持ちを抱えているんじゃないかなと思います。

いつかもっとお母さんが働きやすい世の中になるように。そういう意識で働いていけたらと思っています。」

チエノマ職人-71
MAIさん:「私自身、22歳で結婚して9年間専業主婦をしていました。母親が家にいる家庭で育ったので自然と『お母さんは家にいた方がいいのかな』という意識があったんだと思います。でも、その後に会社で働いてみると意外と何とかなるやん〜って思ったんです(笑)!

特に、『妥協してもいいんだな〜』って思えたことは大きいです。毎日しなきゃいけないと思っていた掃除も、二日に一回でも案外大丈夫やんって。

外で働くことで家の中の話題が増えるし、何よりお母さんが毎日楽しそうって子供にとっても嬉しいことなんだなって」

チエノマ職人-78
YUKIさん:「確かにそうかも。毎日寝る前に子供が『ママ、明日もお仕事頑張ってな!』って言ってくれるんです。ママが元気って大事ですね」

− これからチエノマさんの、ひらがくを利用してみたい!と考えている人にメッセージをお願いします。
チエノマ職人-60

MAIさん:「DIYは初めての方だと、ハードルが高く感じるかもしれません。だけど大丈夫!チエノマのイベントにきていただく8割がドライバー初体験。まずは、楽しんでいただいて少しずつDIYに興味をもっていただけたらと思います!」

YUKIさん:「ひらばのある鍵屋別館は、アクセサリー屋さんやパン屋さんなど手作りの個性的なお店がたくさん入っていてすごく刺激的な空間。ひらばの剥き出しのコンクリートの感じとか・・・全てがチエノマにヒットしていてこれからが楽しみです♪」

− MAIさん、YUKIさん素敵なお話をありがとうございました!
チエノマ職人-82

★インタビューを終えて★

明るく笑顔が素敵なYUKIさんとMAIさん。チエノマ職人としてだけでなく、等身大のママの声を聞くことができた今回のインタビュー。お母さんが元気にキラキラ輝く姿はきっと子供にも伝わるものがあるんだろうな〜と感じました!

初挑戦したDIY 体験は、基本的な工具の使い方から丁寧に学ぶことができて「こうやってやったらいいんか〜」と驚きの連続。
継続的にイベントに参加していつか自分で壁紙を張り替えてみたい!

DIYの体験レポート&今後のイベントのお知らせもぜひチェックしてみてください♪

▽直近のイベント告知・募集はこちら!

【単発講座】
DIY教室『ドリップスタンド』づくり
IMG_2959
〈開催日〉4月19日(水)10時〜・11時30分〜
〈時間〉1時間程度
〈場所〉ひらば4階イベントスペース
〈定員〉各時間4名 合計8名
〈料金〉定価1,800円・LINE@登録会員様1,500円(税込・教材費込み)
〈内容〉DIYしたオリジナルのドリップスタンドで至福の一杯をたててみませんか。作業内容は木材などの組み立てとステンシルをします。
〈お申込み方法〉こちらのフォームからお申込みください。

お申込みフォーム


〈先生〉チエノマ株式会社のママ職人
住環境トータル再生業としてお客様・協力業者様・社員・そして家族が皆、笑顔になれる空間を目指して、知恵をたくさん使った中古物件のリノベーション・リフォームなどの企画・プランニング・制作などを一貫して行っている会社。
ひらつー関連記事

 

大人になってからの学びたい!を叶える”ひらばの学校”9講座で生徒募集中!4/15は学びまくれるオープンキャンパス開催【ひらば】


▽関連リンク

チエノマ株式会社(公式サイト)
ひらつー関連記事
ひらばの学校

▽ひらばへのお問い合わせはこちら
ひらば(公式サイト)
お問い合わせフォーム
・電話  072−396−4400 (営業時間 10:00〜21:00(土日祝休み))