デンチュウばなー

ひらつーが運営するコワーキングスペース「ひらば」広報担当のデンチュウ@ひらつーが、ひらば利用者のみなさんがどんなお仕事をしているのか、どんな風にひらばを使っているのか、インタビュー形式でいろいろとお話を聴いていきます!

第10回目のゲストは
「たまごボーロ専門店LeCoco(ルココ)」藤原一鶴さん 

藤原さん-28

♢藤原一鶴(もとつる)さんプロフィール

1977年生まれ。枚方市在住。早稲田大学教育学部中退。
ネットショップやテレビ通販での食品販売を事業とする企業に勤め、楽天市場ショップオブザイヤーグランプリの受賞歴のある店舗の店長を担当する。
※この賞は楽天市場の年間グランプリに該当。早稲田大学の職員として起業支援業務にも携わった経験あり。

2008年から2013年に「キムチでやせる」を運営。楽天市場ショップオブザイヤーグランプリ受賞店・在任中には、楽天グルメ大賞(2回)など受賞しネットショップ運営の全般的なノウハウを得て、2013年に退職。 翌年起業し「たまごボーロ専門店LeCoco」を立ち上げる。
今年楽天市場出店店舗4万店舗の中の人気店60店舗ほどしか出店できないイベントにも出店するほどの人気店に。またECコンサルタント業も行う。

 

− 今どんなお仕事をされているかを含めて、自己紹介をお願いします。

「『たまごボーロ専門店ルココ』の運営をしています、藤原一鶴です。ルココではプレーン味はもちろん、アレルギーのあるお子さんでも安心して食べられるように、卵・牛乳・小麦粉などのアレルギー原料を一切使用しないピュアボーロなど、こだわりのたまごボーロを取り扱っています。

去年開催されたひらかたビジネスカフェでもお話させていただいたのですが、僕はもともとネットショップのコンサルタント(ECコンサルタント)を仕事にしたいと考えていました。

コンサルタントとしてお客様にアドバイスをしていくためには、まずは自分自身で何かネットショップの良い例を作っておいたほうが良いのではと考えスタートさせたのが、たまごボーロ専門店ルココです。」

6849580e
(たまごボーロを選んだ理由は、「まだ誰も成功していない難しい商材でビジネスをしたい!」と思ったからなんだそう。)

「現在はルココを運営しながら、少しずつECコンサルタントとしての仕事を進めています。今年の春からマンツーマンのECコンサルティングや、ネットショップをこれからスタートさせたい人に向けた講座をひらばで開催しています。」

a435a93f
(藤原さんは、枚方つーしんが運営するコワーキングスペース「ひらば」で開催しているスクール事業「ひらがく」のネットショップの講師をしていただいています!)

ネットショップはブランディングが勝負!


藤原さん-52

− ネットショップを運営する上で、必要な資格やスキルがあれば教えてください。

「うーん、そうですね。個人や中小企業でネットショップを運営していくためには、何か特化した能力や資格よりも、いろんなことを自分ひとりで満べんなくこなせる力が必要かもしれません。ここが難しいところですね。」

− 藤原さんがお仕事をされる上で大事にされていることや得意分野を教えてください。

「売る商材だと、ずっとメインでやってきた食品。後は、ブランディング(→Wikipedia)です。結局みんな、パンだったりチョコレートだったり同じように良いものを作っているんです。その中でどうやって勝ち残っていくか。」

藤原さん-10
(良い商品を届けるためにはブランディングが大切!)

「店舗としてのブランディング、オリジナル商品であれば商品ブランディングというものがあるのですが、これは得意な分野ですね。

例えば、デパートに入っているような有名な雑貨屋さんで販売されているものと近くのスーパーで購入できてしまうもの。

どちらも同じように良い商品であっても、何故か有名な雑貨屋さんで販売されている商品のほうが、より価値が高いもののように感じてしまいますよね。これも、一種のブランディングなんです。」

藤原さん-22

−  ルココさんのたまごボーロのパッケージ、とても可愛いです!商品デザインもブランディングのひとつということでしょうか。

「ありがとうございます。そうですね、手に取ってもらえるようなデザインも大事だと思います。

ブランディングが得意と言いながら、実はたまごボーロのパッケージは妻に任せているんですよ(笑)

化粧ポーチから出てきてもおかしくないようなパッケージがテーマだそうです。」

62097646
(色とりどりのパッケージ!見ているだけでワクワクしますね!)

まずは自分がビジネスモデルになる!

− 経歴、略歴を教えて下さい。

「生まれは大阪の天下茶屋で、大学は東京の早稲田大学に入学し中退しました。その後は大学内のご縁で早稲田大学の職員として起業支援などに携わっていました。

大阪に帰ってきてからは、「キムチでやせる」というネットショップを運営している会社に転職し、商材探し、商品企画・開発、商品撮影、商品ページ作成、販売・広告戦略、受注対応・カスタマー、出荷に至るまでの全ての業務に携わり、ノウハウを学びました。

ECコンサルタントとしての仕事を始めるにあたって、まずは自分がネットショップの良い事例をつくろうと思い『たまごボーロ専門店LeCoco』のネットショップをスタートさせ、現在に至ります。」

藤原さん-20

− 藤原さんにとってのゴール設定は、ECコンサルタントとして活躍されることだったんですね。

「そうですね。たまごボーロを売っているのに、こんなことを言ってしまって良いのか分からないのですが、あくまでもECコンサルタントとしての独立を見越してのたまごボーロ専門店だったんですよ(笑)

ルココに愛着はもちろんありますが、ここに関しては結構割り切って仕事をしているかもしれません。

まずはスタートとして、たまごボーロ専門店ルココをネットで売れる商材にしていくこと。自分の気持ちの上では達成できたのではないかと・・。今後は、次のステップに進んでいこうと思っています。」

藤原さん-12
(人気ショップへと成長!自身の運営経験を生かしたコンサルティングを提供していく。)

− たまごボーロはネットショップの商材としては難しいイメージがあります。

「なかなか難しい商材だと思います。たまごボーロはスーパーだと5袋で100円、一袋あたり20円で販売されています。既存のたまごボーロだけでお店をすると、客単価が低すぎて売上が伸びず、お店として成立しないんです。一番大きな問題です。

現在ルココでは一袋を100円で販売できているので、たまごボーロのブランドとして浸透してきているのかなという印象ですね。

現在は星野リゾートさんで、チェックイン時のお子様へのプレゼントとしてお取り扱いしていただいています。ルココのネットショップを見て直接お声がけいただいたときは本当に嬉しかったですね。昨年からは、百貨店の催事に出店させていただく機会も多くなりました。」

藤原さん-53

(難しい商材への挑戦とやりがい)

「客単価×お客様数が売り上げになるのですが、お客様数を増やすには限界があります。だからこそ客単価をあげることが重要ですね。

去年行われた名古屋タカシマヤで行われた楽天の催事のトップのお店の売上げは、なんと一日に700万円だったそうです!!高額商品じゃなく、食品です!もう本当にすごいですよね・・。

ルココの最高売上げは、確か一日に20万円前後だったはず。催事全体としての順位は飛び抜けて高いわけではなかったのですが、周りの出店者さんからはたまごボーロの売り上げとしては驚異的だと驚かれました(笑)

現在、3月末まで期間限定ショップとして出店させていただいている枚方T-SITEさんでは、贈り物やプレゼントとしてご購入される方が多いように感じています。催事では、会場によって個性が感じられますね。」

33467746
(枚方T-SITEの5階「子どもと学び」フロアにある 3月31日(金)までの期間限定ショップ のようす。)

「僕はネットショップ運営の事例をたくさん見てきたので、これは今後コンサルティングをしていく上で強みになると感じています。

近年のネットショップ界の傾向は、特に専門性・一点特化。ひとくちにネットショップ運営といっても、本当に多くのビジネスモデルがあるのでそういったこともお伝えできればと思っています。」

藤原さん-3

− 藤原さんにコンサルティングをお願いする上での予算の目安を教えてください。

「いや〜、もうちょっとした相談からなんぼでもやりますよ(笑)今、『ひらばの学校』では一時間2,000円でコンサルティングを行っていますし。」

− コンサルティングとしては珍しい料金設定ですよね・・?

「そうですよね〜(笑)!だってひらばの使用料払ったら、僕の元に入る利益はアルバイトの時給みたいになっちゃいます。でも、あれは将来的な自分への投資だと思っていて。1時間2,000円。わかりやすくていいかなあ〜って。」

藤原さん-9
(「アルバイトの時給になってしまう〜!(笑)」と藤原さん。ひらばの学校についてはコチラをご覧ください!)

− 独立に対する不安はありませんでしたか?

「もちろん不安だったのですが、独立する前から商品開発やホームページの作成まで幅広く担当していたので、これまでもやってきたのだから何とかやっていけるんちゃうかっていう気持ちはあったのかもしれません。」

− 就職活動に対する不安、働くってどういうことだろうとイメージできない学生も多いと思います。藤原さんにとっての「仕事とは!」を教えて頂きたいです。

「そうですね。いろいろやってきましたが・・意外となんとでもなります!なんとでもなるとしか言いようがないかな〜。大学に入ってストレートに就職するのも、もちろんひとつの良い道だと思いますよ!僕は、仕事を変えたり独立したりいろいろやってしんどいことも多いですが、楽しいかな。」

藤原さん-50

− ひらばのココが良い!というポイントがあれば教えてください。

「緊張せずに来れるところじゃないでしょうか。いつからひらばに来ていたのかはっきり思い出せないですよ(笑)それぐらい自然体で居られるところです。」

− 反対に「ココを改善してほしい!」というポイントがあれば教えてください。

「ひらばに来た人が気軽に見ることができるような利用マニュアルが各部屋にあればいいなと思っています。レンタルできるものの一覧や、料金プランが書かれていると分かりやすいと思います。」

− 最後にこれから『ひらがくで勉強したい!』と考えている人にメッセージをお願いします。

「商店街や小売店であっても、ネットショップはこれから伸びていくビジネスのひとつだと考えています。枚方でネットショップを運営できる人や店舗が増えていくことによって、まちを元気にするお手伝いができればと思っています。ひらがくでお待ちしています〜!」

藤原さん-95

− 藤原一鶴さん、素敵なお話をありがとうございました!

★インタビューを終えて★

ECコンサルタントとして活躍するために、たまごボーロ専門店のネットショップをスタートされた藤原さん。夢や目標を叶えるために、ゴールを明確にすることの大切さを感じた一日となりました。

自分が叶えたい未来はなんだろう?そのために数年後何をするべきか、そして今何を選択するのか・・逆算して行動していく。難しそうだけど、じっくり考えていきたいです。

藤原さん、素敵なお話をありがとうございました!

◇関連リンク
たまごボーロ専門店LeCoco(公式サイト)
たまごボーロ専門店LeCoco(Facebookページ)
Instagram
ひらつー関連記事

▽ひらばへのお問い合わせはこちら
ひらば(公式サイト)
お問い合わせフォーム
・電話  072−396−4400
(営業時間 10:00〜21:00(土日祝休み))