アナログ地図をデジタル化?地図を通して街の魅力を知ろう♪地図カフェ1/16(火)開催

お仕事終わりにぶらっと♪
アナログの地図を実際の場所と結びつけてみませんか?

VHug-159
最近は携帯やネットなどで現在の位置情報やMAPを常に見ることが出来るようになり、随分便利な世の中になってきましたが、

この地図機能!あるアプリを使うとアナログ地図でもデジタル化出来るってご存知でしょうか?

そのアプリの名は「Stroly」!
20
株式会社Stroly公式サイト

このアプリのすごい所は手書きの地図や縮尺の合わない地図でもある程度要所をおさえておけば、デジタル化しても位置情報を把握してくれるんだそう!アナログの地図をデジタル地図に連携出来ちゃうんです!

今回はこのアプリを使って地域の面白さを見える化した地図を、オープンストリートマップ(自由に利用できなおかつ編集できる地図)と照らし合わせデジタル化するワークショップを行います。

地図

地図はアナログのものなら何でもOK!あなたのお気に入りの地図をお持ちください!
古地図・観光マップ・まち歩き地図・防災地図、お子さんの手書き地図…などなど。

なんと古地図を使っても現在のMAPに変換が可能なんだとか。す、すごい…!
地図をカスタムして作成出来る機能もあるみたいなので自分だけのオリジナル地図も作れちゃうそうな。

地図
(これはいつぞや私が書いた枚方市駅周辺の駐輪場マップ。こんなんでもいけるのかしら…ドキドキ)

街の古地図やイラストマップを通して地域の過去・現在・未来について面白いアイデア出しや、地域の特色を再認識するきっかけにしてみましょう

きっと今まで気が付かなかった地元・枚方の魅力を発見出来るかもしれません♪地図好き、街が好きな方は是非是非参加してみてくださいね〜!

地図カフェ in ひらば

【日時】1月16日(火)19:00-21:00
【場所】鍵屋別館5階スクールスペース
【料金】300円

【定員】10名
【お支払い方法】当日現金払い
【持ち物】PC、タブレット、スマートフォン、お気に入りの地図(持参できる方のみでOK)
※当日に地図を持参されない方も参加可能です。主催側でサンプルを準備します。
【対象】地図好き、歴史好き、街歩き好き、スマートデバイス好きな方
地図はアナログ、デジタル、古地図、お子さんの手書き地図何でもOK
【主催】石崎 浩太郎
【お申込み】 下記のお申込みフォームからお願いたします。
申込みフォーム

この記事を書いた人

タクワン@ひらつー

ひらばをもっともっと盛り上げるべくイベントを開催したり、利用者さん同士でなにか新しいものを生み出せる場を作り出せたら良いなと思っています。みなさんも是非是非ひらばへおこしやすです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします