働き方改革、副業、ワークアズライフ…
仕事、働くことに関するキーワードが、ニュースでよく見られる今日このごろ。

「でも、自分の望む仕事、働き方をするって、自分には関係ないことの様な気がするなぁ。」

そんな人も、多いのではないでしょうか?

誰かに相談したいけど、同じ会社の人には話すことはできないし、同世代の友人とちゃんと話すのもなんだか恥ずかしい。

「でもやっぱり、ゆっくり考えてみたい!」

そんなあなたが語り合う、対話する、「てつがくカフェ」がひらばで開催されます!

「てつがくカフェ」って?

哲学カフェ

「哲学」というと、なんだか難しそうなイメージ。。。

てつがくカフェは、参加者どうしで一つのテーマについて意見を交換し、考え、参加者のみなさんと問いを深める会だそうです!

てつがく(哲学)という名前がついていますが、哲学の専門知識などは一切不要。

内容はいたってシンプル!自分の言葉で話して、考えて、みなさんの意見を聴いて、また考えて、話して・・の繰り返しを行います。

みなさんと普段の言葉で、発見し、探求する場です。コーヒーを片手にお菓子を食べ、リラックスしながら話ができそうです◎

テーマは、「働くこと」。

今回、てつがくカフェで話すテーマは「働くこと」

社会に出て働き始めて、はや数年。気づいたら、当たり前のように働いているけど、自分にとって「働くこと」って?
もちろん、これから就職活動の人も、参加OKです!

働くことをテーマに、ざっくばらんに話してみませんか?

主催者のご紹介

◆主催
大谷大学大学院 文学研究科修士課程

両澤 けよう


メッセージ

 

「ふだん自分では考えなかった発想に触れたり、また他の参加者の意見を聴くことで自分自身の考えが変わっていくような体験ができる場を目指しています。

 

あるテーマについてとことん“対話”をする体験って、日常生活にはあるようでいて、実はあまりないのではないのでしょうか?

なぜ人は働くのでしょうか。そもそも働くことって、どういう事なのでしょうか。コワーキングスペースひらばで、「働くこと」について、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。」

◆当日の進行役
・両澤 けよう(大谷大学大学院 文学研究科哲学専攻 修士課程)
・根無 一行(大谷大学 文学部哲学科助教
・味村 考祐(大谷大学大学院 文学研究科哲学専攻 博士後期課程)

こんな人におすすめ

  • 自分の仕事、働き方について悩んでいる
  • 就職・転職活動をしている
  • 起業を考えている
  • 物事をじっくりと考えるのが好き
  • 「働くこと」について様々な意見を聞いてみたい

イベント概要(よくお読み下さい)

【開催日時】
2018年3月18日(日)10:30-12:30
※途中参加、退席自由。
【場所】
ひらば4階 イベントスペース
【定員】
10名
【参加費】
無料(当日、簡単なお茶とお菓子の用意あり)
【注意事項】

このイベントは、セミナーではありません。こちらから専門的な技術などをお教えするということはありませんのでご注意ください。
【お申込み方法】
下記リンクよりお申込み下さい。
お申込みフォーム
【参加締切】
2018年3月17日(土)12時まで