社長と社員の意識、視点の差?

突然ですが、「うちの社長って…」「うちの社員って…」という思いが頭をよぎったことがありませんか?

同じ企業にいるのに、モヤモヤした感情が蓄積するとストレスを抱えてしまうようになり、社内の空気が悪化してしまいますよね。。

互いに対してそんなモヤモヤした感情を持つ原因と、解決策を「経営学」の観点から考える講座が開講!

組織が活性化し、長く続いていくための視点を得たい人にオススメです!

経営学とは?

経営学という言葉を聞くと、「難しそう…」「難しい言葉がたーくさん並んでる学問」と思う方も多いのでないでしょうか。この記事を書いているあゆみん@ひらつーもその一人。

経営学ってそもそも何を学ぶ学問なのでしょうか?

ありとあらゆる企業の成功・失敗事例を分析して、その成功方法、失敗理由を体系的にまとめたもの。企業を成功に導くための方法を学習する。

ビジネスマンが成功するために経営学を学ぶべき3つの理由』より引用

これまで経営をしてきた人たちの知識がたまってできた学問。つまり、これまでの成功談や、失敗談を知って経営をすると、対処するときの方法も分かり、判断も早くなりそうですね!

自分で生計をたてるフリーランスの方や、企業に勤めるビジネスマンには知っておきたい知識が詰まっていそうです。

また経営学は企業のみならず、自分自身の生き方を考える時にも役に立つ学問。身近に使える知識なので、一度聞いてみることをおすすめします♪

こんな人におすすめ

・経営学に興味がある
・自身で会社を経営している
・経営の歴史について学びたい
・生活の為になる知識を身に着けたい
・働くなかで自分以外の視点、ものの見方を知りたい

講師のご紹介

経営学修士
大谷 昇治(おおたに しょうじ)さん

MBA 日本財務管理学会会員。

元は、製造業のシステムエンジニア。
その後、製造業で管理会計、財務会計業務を中心に経営管理部門を多数経験。『あなたの事業で社会を変えて欲しい』という思いから現在は、経営学の実践的学びや実務現場での経験を共有・支援している。

講座の特徴

大谷さんの経営学講座では、それぞれの講座に「掛け算による学び」「ヒトの視点」というテーマが根底に流れているそう。

複数の視点で物事を捉え、観察することで、視野を広げて理解を深めることを大切にされています。

大谷さん自身の中小企業経営の現場での経験を題材にし、総合的に「経営」について考えていきます。
正解なんてありません。自分の頭で考えることが大切なんです。

学んだことを使って、自分の仕事、事業で自分で使ってみる姿勢と習慣をこの講義から始めてみましょう!

イベント概要(よくお読み下さい)

【開催日時】
2018年7月29日(日)10:00〜12:00
【場所】
ひらば4階 イベントスペース
【参加費】
3,000円
【定員】
5名
【参加特典】
実務の課題や自己啓発へのアドバイス、相談
【持ち物】
筆記用具
【主催】
経営学修士 大谷 昇治さん
【お申込み方法】
下記のお申込みフォームからお申し込みください。
お申込みフォーム
※7月27日(金)締め切り。

イベント・講座のキャンセルについて

一度授業を申し込まれた後、キャンセルされる場合は必ずご連絡ください。

みなさんにより良い講座を提供できるよう、先生の準備は講座が始まる前から行われています。

講義によってはキャンセル待ちや、人数が変動することで授業の進め方が変わることもありますので、なるべく早めにご連絡いただきますよう、お願いいたします。

【キャンセルポリシー】
(1)開講前日までのキャンセル
キャンセル料は講座によってことなります。必ずご確認下さい。そして、なるべく早めにご連絡下さい。

(2)開講当日のキャンセル
開講当日のキャンセル料として受講料の100%を申し受けます。また、何らかの理由で受講が困難になった場合も、キャンセル料として受講料の100%を申し受けます。キャンセル料は指定方法にてお支払いください。

ご不明点は「お問合せ」から承ります。

お申込みはこちら

→講座一覧へ戻る