0365c680-s これからひらばで開催されるイベント情報をお知らせします!
▷今回ご紹介するひらばで開催されるイベント New!! デニムを使用した本格帆布トートバッグの縫製講座!
 
岡山県産セルビッジデニムを使用した本格帆布トートバッグの縫製講座!
突然ですが、トートバッグって持っていますか?   トートバッグは、メンズ・レディース問わず、普段使いに抜群のバッグ。何個あっても困らない!でも、せっかく持つものなら、素材がしっかりしていて、使い続けられるものが持ちたい!というあなたへ。   そんなあなたの思いを叶えるデニムを使用した本格帆布トートバッグ作りがひらばの学校で開講されます! 「トートバッグって自分で作れるの?難しそうだし、そもそも何日も掛かりそう…」   なんとこのトートバッグは、1日で完成!裁縫の用意を持たずに来て、楽しく作って、トートバッグが持って帰れるという、とってもお得な講座です! 教えてくれるのはこの方↓
NU-Manの金森 智哉さん、鈴木 良平さん

 デザイン&ソーイングワークショップユニット 「NU-Man」

【プロフィール】

・代表、ディレクション:鈴木良平さん 枚方生まれ、枚方育ち。NU-Man代表として、コンセプトメイキングや運営を担当。 2015年夏に立ち上げた、大阪・枚方に拠点を置くメンズアパレルブランド「The Attractman」のプレス・運営担当として活動している。

 

・講師、デザイナー:松口寛之さん 枚方生まれ、枚方育ち。服好きの自分たちが心から”カッコイイ”と思える服を作り、広めたいと思い、デザイナーとして活動。2015年夏に立ち上げた、大阪・枚方に拠点を置くメンズアパレルブランド「The Attractman」のデザイン担当として活動している。

 

・講師、デザイナー:金森智哉さん 大阪育ち。服飾専門学校卒業後、衣服を中心にデザイナーとして活動。

  今回は、生地に岡山県産セルビッジデニムを使用。
【セルビッジって?】 事旧式の織り機を使ったデニム生地のことの通称で、ヴィンテージデニムなどによく見られる素材です。通常のデニムと比べて表面に凹凸があるのが特徴で、この凹凸のおかげで表面に影ができ立体的で美しい風合いに見せてくれます。また凹凸が色落ちを加速させ、穿きこむうちに「縦落ち」と呼ばれる綺麗なシワ感と色落ちをつくってくれます。(『日刊SPA!』より引用)
  セルビッジデニムを使用しているので、使い込むことによって色落ち等、自分だけの表情を楽しむことができるそう!そのまま製作したバッグをお持ち帰りしていただけます!
サイズは選べる2種類Sサイズはランチバッグやカメラバッグに、Lサイズは書類や荷物が入る通勤・通学・お出かけに最適なサイズです。 本格的なトートバッグをみんなで一緒に作りましょう!  
◉デニムを使用した本格帆布トートバッグの縫製講座! 【開催日時】 2018年1月17日(水) 19:00~21:30 2018年1月24日(水) 19:00~21:30 2018年1月31日(水) 19:00~21:30 【場所】ひらば4階 イベントスペース 【定員】2名 【料金】Sサイズ¥5,000 Lサイズ¥6,000(材料費込み) 【講師】 NU-Man 金森智哉さん・鈴木良平さん 【お申し込み】 事前申込みが必要です。以下のフォームからお申し込みください。複数人数で参加の場合もお手数ですが大人の方は1人ずつお申し込みをお願いします。 申し込みフォーム ※各日程キャンセル・申し込み共に前日の21:00まで。 ※申し込みに関しては空きがあれば当日でも可(要連絡)
さらに、NU-Manの皆さんは『デニムをリメイク!クラッチバッグ講座』や、『デニムをリメイク!ベレー帽講座』も開催中です! こちらも要チェケラ★